埼玉の地域密着型の雨漏り修理屋さん。

棟板金の補修工事

こんにちは。
埼玉の「雨漏り止め太郎」でございます。

今日は杉並区のF様邸で、屋根工事を行ってます。

写真は棟板金の補修中の様子なんですが、下地の劣化で棟板金が浮いてました

このまま放置しちゃうと、風が吹くとパタパタ煽られて最終的には飛ばされちゃうなんとこともあるんです。

棟板金が飛ばされる最大の理由は棟下地木材の劣化が原因なのでその辺もしっかりと視野に入れながら補修作業です。